A Iやブロックチェーンなど、なんだかよくわからないけれど私達の未来を大きく変えていく技術。

数年前に比べて、どんどんと身近な存在になってきました。

2020年には今の仕事の50%がなくなると言われていますよね。
多かれ少なかれ「不安」を感じている人も多いのではないでしょうか。

これからの時代を生き抜いていくために必要な事はいくつかありますが、今日お話ししたいのは一番大事なこと。

それは『柔軟性を持つ』こと。

強い者が生き残るのではなく、変化に柔軟に対応できる者が生き残る。
まさに進化と同じですね

人間は身体の機能から見ても、外の変化に適応する能力を生まれつき持っています。

あとは、メンタル面での柔軟性があれば、何でも出来る。
そんな生き物です。

そういう私も今では歯科医師なのか経営者なのか。
そして何をメインの事業としているのかわからないとよく言われます(笑)

そのくらい柔軟に色々な情報をキャッチしていて、いいと感じたものはまず調べてみる。
もしくは体験してみる。

はじめから「ダメ!」とか「怪しい!」とか決めつけてしまうのはあまりにも勿体ないようにおもえるのです。(中には本当に怪しいものもあるので、気をつけないといけませんが)

「怪しいBOX」にすべてをいれてしまうのは楽ですが、成長する機会も同時に失ってしまいます。

有り難いことに今、私は毎日色々な人達とご縁を頂き、関わって刺激を受けて、より柔軟性に磨きをかけているわけです。

人は人に関わる事で磨かれますよね。
もしくは人に関わることでしか本当の意味で磨かれることはないとも言えます。

しかし、そんな私も15年前はガチガチの「ベキダ星人」
カッチカチでした~(笑)

「〜するべきだ!」
「〜するのが当然だ」
「普通は〜するでしょう」

自分の価値観のフィルターで、人を裁きまくってました

でも、嫌われるのが怖いから。
表面上は何も言わず人に合わせて、ストレスで苦しんでる、そんな小心者でもありました。

今思うと、極度の人見知り。
コミュニケーション障害。
夜中に目が覚めて、眠れなくなったり(笑)
人に言われた言葉が頭から離れなかったり(笑・笑)

そんな状況が変化したのは、色々な心理学を学んだ事がきっかけ。
心理学を学ぶことで柔軟性が手に入ったのです

元々、興味があった心理学ですが、特別に学ぶ機会もなく社会人(歯科医師)となり、仕事をするようになりました。

仕事をするようになってからのストレスは学生時代の比ではなく。
(その頃、夜中によく起きてました。。)

ガチガチで思考の固かった私は
「どうして思う通りにいかないのだろう・・」と悩む日々を送っていました。

ちょうどその頃、研修医仲間で心理学の講座を受講する人が何人かいて、誘われるがまま私も受けてみることにしました。
(そこだけ、アタマが柔らかかったのが救いでした。)

その講座を受け始めたことで今があるのですが、
今でも印象に残っている言葉が
「心理学は人生に角度をつけることができる学問です」という言葉。

自己成長という線があるとすると、心理学を学ぶことでほんの少し角度がつく。
そして、それが時間とともに大きな差となってくる。

あの時、つけた角度はほんの数度かもしれないけれど
15年経った今、その凄さを実感しています

心理学やメンタルと身体の関係性を勉強しはじめて、15年。

その知識やスキルを使ってたくさんの方の人生に関わらせて頂きました。

今、私が感じていることは
「知っている」と「知らない」だけで大きく人生が変わってくるものがある。

もっと早く知っていれば、人生に今以上の角度がつけれたのになぁ。
とはいえ、出会ってピンと来た時が学ぶ時なのだともおもいます^^

私が15年かけて学んできた様々な知識、そしてそれを使った経験を総動員して作ったメンタルトレーニングコース。
今年からバージョンアップして年に1回、開催します。

自分の人生に角度をつけたい!
柔軟性を手に入れたい!
未来を明るくしていきたい!

そんな思いがある方、ぜひ体験にいらしてくださいね。
毎回、限定8名の少人数で私が皆さんの課題を一緒に解決していきます。
5月・6月の限定開催です!→詳しくはこちら